安心して与えることができる無添加ドッグフードを選びましょう!

ドッグフード,ドッグフード おすすめ,ドッグフード ランキング,ドッグフード評判,ナチュラルドッグフード,犬のえさ おすすめ

 

近年では、ペットを家族の一員として大切にしているご家庭が多いです。

 

特に犬はペットの中でも人気があり、市販でもさまざまなドッグフードやサプリ、グッズなどが売られています。あまりにも数が多いので、どれを選んだらいいのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?

 

大切なペットですから、愛犬が安心して食べられるドッグフードを選びたいですよね。

 

そこでこのサイトでは、ドッグフード選びのポイントや、評判の良いおすすめのドックフードについてご紹介します。
ぜひドッグフード選びの参考ににしてくださいね。
わが家ではナチュラルドッグフード、カナガンドッグフードといった無添加ドッグフードを食べさせています。

大切な愛犬のためのドッグフードの選び方|やはり無添加ドッグフードはおすすめ!

ドッグフード,ドッグフード おすすめ,ドッグフード ランキング,ドッグフード評判,ナチュラルドッグフード,犬のえさ おすすめ

添加物が少ないものを選ぶ

人間の食事にもいえることですが、添加物は身体にとってよくない場合が多いです。あまり取りすぎると、病気につながってしまうこともあります。犬だって同じです。特に犬の場合はアレルギーになりやすい犬種が多いので、添加物には特に気を遣った方が良いです。愛犬のドッグフードを選ぶ際は着色料、保存料、香料といった添加物が含まれていない>無添加のドッグフードを選ぶ事を推奨します。

穀物を避ける

犬にとって、穀物は消化するのが困難です。そのため、えさに穀物が多く入っているものは、あまりよくありません。中でもトウモロコシや小麦は、犬がアレルギーを起こしやすく、目やにがでたり、炎症を起こしたりすることもあります。
アレルギーを避けるためには、穀物を使っていないグレインフリーのペットフードがおすすめです。

新鮮な材料を使っている

ドッグフードの中には、人間が食べることができない食材が含まれているものがあります。
たとえば、基準値以上の農薬が残っている野菜は人間には提供できませんが、ドッグフードに使われることがあります。もちろん、そういった害があるものが、犬にとって良いわけがありません。
原材料がしっかりしているドッグフードは、何を使っているのかしっかりと明記してあります。製造元のホームページを見ると、どういったものがドッグフードに使われているのか書いてあるので、心配な場合は確認しておきましょう。

ドッグフードを購入する際は原材料をしっかりチェックしましょう!

ドッグフードの選び方講座|ドッグフードの種類

ドッグフード,ドッグフード おすすめ,ドッグフード ランキング,ドッグフード評判,ナチュラルドッグフード,犬のえさ おすすめ

ドッグフードの製品形態は大きく3つに分けることができます。
それぞれのタイプによって価格や性質が異なります。

ウェットタイプ

水分が多く含まれているドッグフードです。缶詰やレトルトパックに入っているドッグフードですね。
犬の食いつきがいいのが特徴です。
食材の風味がよく嗜好性が高いのですが、栄養価はやや低めです。

セミモイストタイプ

ウェットタイプとドライタイプのちょうど中間のようなドッグフードです。
半生になっており、全体の25〜30%が水分です。
水分を保つために湿潤調整剤が使われています。

ドライタイプ

カビが生えないように水分含有量を10%以下にしているものが多いドッグフードです。
加熱発泡処理されており、保存性が高く、栄養価も高いことから、多くのドッグフードがこのタイプになっています。

どれも一長一短の特徴があるのですが、注意したいのがセミモイストタイプです。
このタイプは水分量が多く、酸化や腐敗が進みやすいです。また、それを防ぐために合成保存料などの添加物が入っていることが多いです。中にはホルマリンを使っているドックフードもあり、安全面を考えるならば、そういったものは避けたいです。

飼い主ならば知っておきたいドッグフードの基礎知識

ドッグフード,ドッグフード おすすめ,ドッグフード ランキング,ドッグフード評判,ナチュラルドッグフード,犬のえさ おすすめ

 

手作りのドッグフードもいいですが、アレルギーの可能性などを考えると、やはり市販のドッグフードを与えた方が安心です。しかし、一言でドッグフードといっても今ではたくさんの種類が販売されており、どれを選んで良いのか迷ってしまいます。

 

主食として与える場合には、総合栄養食と表示されたドッグフードを選びましょう。
総合栄養食と表示されているドッグフードは、愛犬が必要な栄養素がバランスよくすべて含まれているということを意味します。

 

ドッグフード,ドッグフード おすすめ,ドッグフード ランキング,ドッグフード評判,ナチュラルドッグフード,犬のえさ おすすめ

総合栄養食と表示するためには、AAFCO(アメリカ飼料検査官協会)が示すガイドラインをクリアしなければなりません。こちらのガイドラインは世界的なドッグフードの栄養基準ともなっており、この表示があれば、安心して購入することができます。

 

総合栄養食以外のドッグフードとして、間食その他の目的食といったものもあります。
間食は食事というよりは、ご褒美として与えたり、コミュニケーションの手段として限られた量だけ与えます。こういった間食は与えすぎると栄養バランスが崩れる原因となるので注意しましょう。

 

その他の目的食は、特定の栄養を補ったり、嗜好を増進させることを目的としています。
こういったドッグフードはバランス良く栄養が含まれているわけではないので、主食としては向いていません

人気のドッグフードおすすめランキングと評判

人気のドッグフード カナガン

ドッグフード,ドッグフード おすすめ,ドッグフード ランキング,ドッグフード評判,ナチュラルドッグフード,犬のえさ おすすめ

人気の理由はグレインフリードッグフードです。

 

カナガンで取り扱っているドッグフードはすべてグレインフリー(穀物不使用)なので、子犬でも消化しやすく、アレルギーなどを引き起こす心配が少ないです。

 

トウモロコシ、小麦、大麦といった穀物は、犬のアレルギーを引き起こしやすく、さらに消化器官の異常や皮膚のトラブルの原因となることもあります。

 

そもそも犬は穀物類を完全に消化することはできません。これは犬が炭水化物を分解する酵素をもっていないためです。そのため、犬にとって穀物は栄養価値がないのです。

 

カナガンでは使用するすべての原材料を愛犬の栄養に役立つものに厳選しています。

獣医師も推薦する理想的なバランス。

イギリス最高級のグレインフリードッグフード

徹底した品質管理

フードが切れるタイミングに届けられる便利な定期コース

 

 

NDF ナチュラルドッグフード

ドッグフード,ドッグフード おすすめ,ドッグフード ランキング,ドッグフード評判,ナチュラルドッグフード,犬のえさ おすすめ

NDFナチュラルドッグフードは自然給餌(ナチュラルフィーディング)に基づいたドッグフードを作っています。

 

犬が犬らしく活き活きと活動させるためには、もともとの祖先である野生の犬が食べていたものを反映させるべきという考えに基づき、本来の犬に必要な素材のみを使ってドッグフードを作っています。そのため、自然素材ではない人工添加物などは一切使用していません。

 

良質なたんぱく源である肉、適切に調理された多様な穀類、消化がいい野菜とハーブが使われており、消化の負担を抑えて、愛犬の健康を維持します。

 

ラム肉を最大55%含んだナチュラルドッグフード ラムと間食(おやつ)として与えられるナチュラルドッグフード チキントリーツがあります。もちろんどちらも100%無添加素材です。

自然給餌の考えに則ったこだわりの素材。

人が食べられる原材料のみを使用。

アレルギー源となりやすい原材料を使わない。

定期コースならば最大20%オフの特別優待価格。

 

 

ネルソンズドッグフード

ドッグフード,ドッグフード おすすめ,ドッグフード ランキング,ドッグフード評判,ナチュラルドッグフード,犬のえさ おすすめ

ネルソンズはイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。
穀物不使用、人工添加物不使用のドッグフードのため、最高レベルの栄養を愛犬に与えることができます。

 

ネルソンズのドッグフードはグレインフリーのため、穀物を使っていません。これは犬が穀物を分解する酵素をもっていないためです。小麦やトウモロコシといった穀物は犬にとって消化の負担にしかなりません。その上、アレルギーを引き起こす可能性が高いです。ネルソンズでは穀物を使わない代わりに新鮮なチキンを配合しており、わんちゃんが喜ぶおいしさを実現しています。

 

また、愛犬の腸内環境を整えるためにオリゴ糖を配合しています。これにより免疫力が高まり、健康維持にも大きく役立ちます。さらにグルコサミンやコンドロイチンといった成分も配合されており、気になる関節もしっかりサポートしてくれます。

消化に優しいグレインフリー(穀物不使用)。

オリゴ糖で腸内環境を改善。

グルコサミン、コンドロイチンで関節をサポート。

高タンパク、低炭水化物のレシピでしっかりとした骨格と輝く毛並みを作る。

 

犬の健康を考え、原料にこだわったドッグフードが増えてきています

人間の食べ物同様、ドッグフードにも原料にこだわったものが、どんどん増えてきています

 

少し前までは「たかが犬のえさ」と軽んじられて、犬の健康によくない素材も多く使われてきましたが、そういったことも最近では少なくなりました。国産ドッグフードの栄養価も高くなっており、海外の高級ドッグフードとの差が少なくなってきています。

 

ドッグフード,ドッグフード おすすめ,ドッグフード ランキング,ドッグフード評判,ナチュラルドッグフード,犬のえさ おすすめ

そんな中、多くのドッグフードでこだわりだしたのが、グレインフリーという概念です。
犬が穀物を消化しづらいということを考慮し、以前まではよく含まれていた大豆、トウモロコシといった穀類があまり使われないことが増えてきました
そうするとコスト面で値段が高くなってしまうのですが、それでも犬の健康を重視したいとグレインフリーのドッグフードを選ぶ人は多いです。

そういったグレインフリーのドッグフードの中でも人気なのが、カナガンです。
厳選された原材料のみを使い、一切穀物を使っていません。

 

また、NDFナチュラルドッグフードでは、穀類を避けるだけでなく、無添加にこだわり、犬に必要な原料のみにしぼってドッグフードを作っています。

こういったこだわりのドッグフードは人気が高く、愛犬を家族の一員と考える人たちに支持されています。

 

ドッグフード,ドッグフード おすすめ,ドッグフード ランキング,ドッグフード評判,ナチュラルドッグフード,犬のえさ おすすめ

 

ドッグフードおすすめランキング@安全な無添加ドッグフードの評判と選び方まとめ

ドッグフードおすすめランキングとして、無添加ドッグフードを紹介しました。
ただ、犬は同じ犬種でも一概にこのドッグフードが最高ですよとは断言できないところがあります。

 

わが家のフレブルはアレルギーをもっているのですが、ドッグフードがあわないとすぐに嘔吐したり下痢をします。
犬が吐くのはそんなに心配はいらないのですが、下痢がつづくのはよくありませんからね。

 

またアレルギーもちの犬の場合、ドッグフード選びによって涙やけがひどくなったり、皮膚が弱いのですぐに痒みがでたりします。
言葉が離せない犬の体調や気持ちは飼い主が察してあげなければいけません。

 

犬の健康状態が一番わかるのが、犬のうんちの状態です。
下痢の原因はだいたい食べ物、食べ方、食べる量などドッグフードの摂取に原因があります。

 

ドッグフードを多く食べさせ過ぎても、消化できず下痢をしてしまいますし、
ドッグフードを変えた時も始めは下痢をすることが多いです。

 

犬のうんちは、愛犬の体の調子を知る一番の手がかりになります。

 

私の結論

ドッグフード選びは、特にアレルギーのある犬の場合、体質にぴったり合ったドッグフードを1発で見つけるのは難しい。
だけど、どこの動物病院に行っても獣医さんからは無添加のドッグフードをおすすめされます。

 

4種類ほどのドッグフードを試して、最終的に今はNDFナチュラルドッグフードに落ち着きました。

 

あまりコロコロとドッグフードを変えるのは良くないと言われますが、
ドッグフードへの食いつきと消化後のうんちの状態を観察しながら、
一番ぴったりのドッグフードを見つけてあげてくださいね。

 

最近ではドックフードの扱いは、一昔前のような犬の餌というよりは、大切な家族の食事といった意味合いが強くなってきています。ワンちゃんを家族の一員として考える人も多く、安全なドッグフードを求める人も多いです。そんな中、やはり口コミで人気があるのがカナガンドッグフードやNDFナチュラルドッグフードです。どちらもこだわりの素材を使っているため、安心して犬に与えることができます。無添加のドッグフードもどんどん増えてきており、できるだけ犬にアレルギーが起きないように安全面でも非常に考慮されています。特に子犬や老犬のえさで、どれをあげたらいいか迷っている方は、グレインフリーや無添加のドッグフードを与えるのがおすすめです。ドッグフードランキングとしておすすめのドッグフードを紹介しているサイトでも、実際に犬を飼っている人は少ないと思います。我が家は愛犬うたにカナガンドッグフードもNDFナチュラルドッグフードも食べさせて犬の反応を見ているので犬のエサの選び方の大切さがよくわかります。